一流アスリートから学ぶスポーツメンタル。

冬季北京オリンピック

閉幕しましたね💨

日本人選手、

そして世界中のアスリートたちが

結果に関わらず、

素晴らしいプレー、

演技を見せてくれました☺️🌟❗️

今日は、

選手たちが残してくれた

名言とも言える印象的な言葉を

紹介したいと思います😌🌟

 

まずは、
史上初の銀メダルを獲得した
カーリング女子・藤澤五月選手
彼女の右手に書かれていた言葉です。
「Move Together(共に動き)
「Trust yourself(自分を信じて)
「Have fun(楽しもう)
試合を見ていると、
チームワークの良さや
緊張感さえ楽しんでいる様子が
よく伝わりましたよね☺️❗️
 
 
次に、
スキージャンプ男子
金メダルを獲得した
小林陵侑選手

 

魔物が住む”と言われる
五輪独特の緊張感を跳ね返し、
「いい予感しかしない」と、見事優勝❗️
「僕が魔物だった
 かもしれない」
彼はインタビューで、
前回のオリンピックで
自分に足りなかったことが分かり、
改めて今回自分がビッグパフォーマンスを
できたというのは、
自分を成長させてくれました
と語っています🌟
そして最後に、
男子フィギュアで4位入賞の
羽生結弦選手

本番、予想もしていない
アクシデントにみまわれ、
実力を発揮できず
悔しい結果になってしまい、
「報われない努力
 だったかもしれない」
この言葉は、波紋をよびましたが、
彼の今までのいろんな思いが詰まった
深い言葉でしたね。
「氷に嫌われちゃった」
そう彼は言っていましたが、
「報われなかった今は、
 報われなかった今で幸せだな、と。
 不条理なことはたくさんあるけれど、
 少しでも前を向いて歩いていけるように
 頑張っていきたい」
そう語っています。
前人未到の4回転アクセルに挑戦し、
結果は納得いくものではなかったにせよ、
彼は、今までの
『絶対王者』から
『最高の挑戦者』
になりました🌟
夏の東京オリンピックの時も
そうでしたが、
スポーツの大会では
メダルの色や数に関係なく、
素晴らしい選手たちが
いろんな思いを抱え、挑戦し、
喜び、泣き、様々なドラマが
繰り広げられます😌
そんなアスリートたちから
見ている私たちもたくさんの
感動と勇気をもらうことができます❗️
そして、
スポーツの技術はもちろんですが、
メンタル、モチベーションの大切さ
改めて実感します❗️❗️
選手が残してくれた言葉の数々も、
いかにアスリートたちが
日頃から自分自身と向き合い、
自分らしく競技をしているかが
分かりますね😌🌟
スポーツ選手としての
自分を「正確に」知り、
スポーツメンタルの基礎知識
トレーニング方法を知る
ことは、今やアスリート
にとって不可欠です☝
ブレインアナリストの私が提供する
【スポーツブレイン
 セッション】では、
そんなアスリートとしての
自己認知の診断テストと解析セッション、
またスポーツメンタルの基礎知識、
自身にあった実践トレーニング方法を
お伝えします😌☝
 
スポーツをしている中で、
なかなか集中できない。
 
練習や試合中に
不安になる。
 
モチベーションが
上がらない。
 
緊張で頭が真っ白になる。
 
などなど、
お困りや不安なことがありましたら、
是非一度お気軽に
ご受講をオススメします😊☝
セッション後は
スッキリしますよ🌟👍
10歳以上でしたら
どなたでもオンライン受講可能です😊

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。