「なるほどーーー!」「だからかーーー!」

12月💨

今月は、様々なスポーツにおいても

大会や試合、発表会、イベントなど

忙しい時期ですね💨

娘たちの

チアリーディングや体操でも、

この時期は毎年バタバタしています💨

 

さて、先日

三女がようやく『脳傾向性診断』を

受けれる年齢になり😄、

早速『脳傾向性診断』と合わせて

『スポーツブレイン診断』

もやってみました❗️

我が家の三人娘は

三人とも個性バラバラですが、

中でも三女には

手を焼くことが多く、

上二人の時の子育てのやり方では

通用しないという、

なかなかのツワモノです😅💨

三女の特性、強みが分からず
モヤモヤしていたことが、
ようやく『脳傾向性診断』
クリアになり、また
スポーツをやっている中でも
悩むことが多かったため、
『スポーツブレイン診断』
「なるほどーーー❗️」
「だからかーーー❗️❗️」
と、納得することができました😌💡🌟
中でも、
『スポーツブレイン診断』の1つ、
『感覚タイプ』の傾向性
を数値ではっきり見ることができたのが
すごく納得ポイントでした☝❗️
感覚タイプとは、
スポーツをする上で、プレイヤーが
「視覚タイプ優先」👁️
「聴覚タイプ優先」👂️
「皮膚感覚タイプ優先」🙌
なのかが分かるのです❗️❗️
取り入れて習得しやすい情報は、
 
目から?
 
耳から?
 
それとも、
とりあえずやってみる皮膚感覚?
これが分かることで、
技術習得の効果的な方法
が分かるんです❗️❗️
三女の場合、
幾度となく説明や長いお説教を
どれだけ言い聞かせても、
さっぱり頭に入らず
周りの大人が手を焼いていますが、
診断すると、、、
やはり
聴覚における数値が
かなり低かったです。。😅❗️❗️
どれだけ言って聞かせたところで、
それは彼女の中で
習得すべき情報として蓄積しにくい、
という結果に、
「だからかーーー❗️」と納得😅💡
聞いたことはすぐに忘れる天才なのも
これで納得(笑)
家で自主トレをさせる時も、
普段の生活全般においても
今後は意識してタスクを
見える化したり、
身体を動かして実際やらせたりしながら
工夫していきたいと思います😌☝❗️
『スポーツブレイン診断』では、
スポーツをする上での
『脳の傾向性』のタイプ別診断や
緊張・興奮レベルの診断、
そして、こういった
『感覚タイプの傾向性』が
数値で診断することができます☝❗️
うまく伸びない...
 
今やっているスポーツ、
向いてないのかな?
 
モチベーションが上がらない...
など、
不安要素がある時は、
是非一度
『スポーツブレイン診断』
受けてみてくださいね😊🌟
納得の結果にうなずけると思います☺️👍

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。