原監督の『やる気を起こさせた方法』とは?!

一気に気温が上がり、

日中は上着が要らないほどの

暖かさになりましたね☀️👀⤴️

昨日は、

真冬の上着をまとめて大量に

洗濯した私です😁💨

さて、先日TV『金スマ』

思わず見入ってしまった回がありました❗️

それは、、

青山学院大学、陸上競技部

原晋監督

『成功への方程式』☝❗️

大学駅伝3冠、箱根駅伝4連覇など、
陸上競技の指導者として
数々の偉業を成し遂げてきた原晋監督
彼の選手たちへの思い、
そして、
【やる気を起こさせた方法】
にとても感銘を受けたので、
紹介させていただきます❗️
まずは、その①
『選手自ら目標を設定させる』
指導者が目標やゴールを決めるのではなく、
まずは
選手たちが『どうなりたいのか』
自分たちで考え、目標を設定する☝
その②
『傍観者にさせない』
少人数に分けたチームミーティングを開き、
常に選手たちが一人一人
全員しっかり参加できる環境にする。
そして、その③
『チーム名を決める』

駅伝部のチーム名を

選手たちに考えさせたという原監督。

チームの絆も一層強くなったそうです。

この

【やる気を起こさせた方法】

これは、スポーツをやる上で
指導者にとって基本で、
非常に大事なことです😌☝
特に『目標を設定する』ことは、
スポーツでは欠かせない
一番大事なことです。
まずはチームの目標、
個々の目標をはっきりさせ、
「逆算」して、
そのために何が必要かを考える☝
どんな練習・トレーニングをしていても
それが何のためにやっているのか
明確でないと、趣旨がぶれてしまいます。
モチベーションを保つこともできません。
スポーツは、
指導者が勝手に目標を決めるのではなく、
常に選手たちを尊重し、
自分たちで考えさせ、
それに必要な指導やサポートをする。
それは技術的なことだけでなく、
メンタル的サポートも必須☝❗️
一人一人の「個性」も「強み」も
きちんと理解し、
否定は決してしてはいけない。
ちゃんと『認めてあげる』こと。
どんな選手も
大きな可能性を持っているし、
モチベーション高く競技できることは
その人の人生を左右する大きな意味を持ち、
一生の宝となります❗️
指導者が「持論」「経験」だけ
指導していては、
決して選手、チームは成長しません。
指導者は常に自らが学んでいなければ
教える資格はありません。
今こそ、
どの競技にも共通して必要な
『スポーツメンタル』
学んでみませんか?
【スポーツブレイン診断
 &セッション】
では、
アスリートとしての
自己認知の診断テストと解析セッション、
またスポーツメンタルの基礎知識、
自身にあった実践トレーニング方法
お伝えします❗️
スポーツをやっている方、
選手だけでなく指導者の方にも
是非受けていただきたい内容です🌟

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。